日英翻訳サービスの見積もりの依頼

見積書

 

見積書依頼は、以下の流れになります。

  1. 本ページの見積依頼フォームに必要事項を入力し、送信します。
  2. ファイルアップロードのリクエストがきたら、翻訳前のまたはAI翻訳後のデータファイルを指定のオンラインストレージにアップします。もちろん安全にファイルの受け渡しできるならば、お客様が使用してファイル交換サービスを利用しても問題ありません。
  3. メールでファイルを送信する場合は、ZIPで圧縮してパスワードでカギをかけてください。パスワードは別メールで送信します。

  4. 受け取ったデータを元に作成した見積書が届いたら、内容を確認します。
  5. 問題無ければ、指定した銀行口座に翻訳補助料金を振り込みます(純粋な翻訳では無いので、翻訳補助料金としています)。

 

入金が確認され次第、作業を開始します。
作業が終了したら、オンラインストレージからダウンロードします。

 

銀行振込により前払いでお願いします(料金が大きい場合は、料金50%を前払い、残り50%は納品後の後払い)。納品後の請求書払いは、お得意様のみ対応します。

 



見積依頼用フォーム
フリガナ必須 (セイ)  (メイ)
姓名必須 (姓)  (名)
メールアドレス 必須
TEL  -  - 
会社名(団体名)
部署
役職
郵便番号  - 
住所
メッセージ 必須

 

 

 

日英翻訳サービスの見積もり Q&A

法人だけ?個人でも翻訳してもらえるのでしょうか?

法人はもちろん、個人のお客様からのご依頼も受け付けております。

 

日英翻訳だけででしょうか?英日翻訳や他の言語は対応していないのでしょうか?

現時点では、日英翻訳しか対応しておりません。
英日翻訳やフランス語やドイツ語、スペイン語などの他の言語は対応していません。

 

AI翻訳を利用するなら、他の言語も対応できるかもしれませんが、文章によっては原文を確認する必要があるので、英語以外のスタッフが揃うまでは英日翻訳サービスのみの提供となります。

 

テキストデータ以外でも対応してもらえるのでしょうか?

紙ベースやスキャンファイルなどは対応していません。あらかじめご了承ください。

 

翻訳証明書を発行してもらえるでしょうか?

以下の理由により、翻訳証明書は発行できません。

  • 厳密には翻訳作業ではなく、翻訳補助作業のため。
  • 一語一句正確に訳すわけではなく、わかりやすい日本語に意訳しているため。

 

翻訳証明書などが必要な公的文書については、専門の翻訳会社に依頼してください。

 

テキストファイル形式のみの翻訳でしょうか?Excelなどの対訳表形式には対応してもらえないでしょうか?

見積依頼のときにご要望を詳しく記載してください。
作業内容や納期次第ですが、できる限り対応します。

 

途中で翻訳が不要になったときはキャンセルはできるでしょうか?

原則として作業開始したらキャンセルはできません。

 

ただし、作業量が多い場合は、作業終了分のみの請求します。手数料を引いた上、料金の一部を返金します(前払いの場合)。

 

料金は銀行振込のみでしょうか?力

現時点では銀行振込しか対応しておらず、前払い制です。
分量が多い場合は、50%前払い、残り50%後払いで対応しています。

 

なお、請求書払いは、取引を頻繁に行っているお得意様のみ対応しております。

 

短納期に対応してもらえるでしょうか?

特急料金がかかってしまいますが、可能な限り対応します。

 

分量が少なくても大丈夫でしょうか?

2千円以上の案件からお引き受けします(最低料金)。

 

以上、あらかじめご了承ください。不明点がある場合は、お問い合わせフォームまでご連絡ください。